女の子なら知っておきたいあそこの臭い撃退法とは? 女の子が気になるあそこの臭い ヒミツの対処法を教えて! 今回女子力向上委員会が注目したのは、女性の臭いケア。なかなか聞けない、でも気になる。。そんな悩みをお持ちの方は必見です!「見えないとこをケアしてこそイイ女」ぜひご参考に♪
座談会をCHECK
あそこの臭いの原因と膣洗浄で改善HOME » もしかして臭ってる…?女の子が気になるあそこの臭いの原因 » ホルモンバランスの崩れによるニオイ

ホルモンバランスの崩れによるニオイ

女性にとって、ホルモンバランスの乱れは、心身ともに避けられない問題です。ホルモンバランスの乱れがあそこの臭いの原因になっていることも。

ホルモンバランスが崩れる原因や産後の女性の体について解説します。

あそこの臭いの原因はホルモンバランスが崩れているからかも

いわゆる女性ホルモンと呼ばれるのは、エストロゲンプロゲステロンです。これらのホルモンのバランスによって、体や心に好不調が現れます。

たとえば、女性らしい体をつくったり、コラーゲンの合成を促したり、骨を丈夫にする働きのあるエストロゲンは、生理の終わり頃~排卵前に分泌が多くなります。その時期は、心身ともに安定し、肌の調子もよく、体調がいいといわれています。

一方のプロゲステロンは、受精卵を着床しやすくしたり、妊娠を継続させたりする働きをもつ、妊娠に欠かせないホルモン。排卵後から次の生理にかけて分泌されます。

毎月、生理が起こり、妊娠・出産のための体の機能をもつ女性にとって、このふたつのホルモンバランスが乱れることは、心身にさまざまな影響を及ぼします。

たとえば、プロゲステロンの分泌時期に腹痛や腰痛、頭痛、むくみなどが現れたり、精神的に不安定になったりイライラする人も少なくありません。

また、ホルモンバランスが乱れることで肌のターンオーバーも乱れ、肌のトラブルを起こすこともあります。

さらに40代半ばを過ぎると更年期に入り、エストロゲンの分泌が減少します。すると、頭痛やのぼせ、動悸、体のほてり、イライラ、不安感など、いわゆる更年期障害の症状となって現れます。

このホルモンバランスの乱れによって、デリケートゾーンの臭いも変化します。

たとえば、プロゲステロンの分泌が多くなると、皮脂分泌が活発になります。その皮脂が酸化して脂肪酸になり、臭いを強く発します。そのため、プロゲステロンの働きが活発になる生理前には、体臭が強くなるという傾向が見られるのです。

産後の女性の体の変化

デリケートゾーンの臭いというと、産後の悪露(おろ)の臭いが気になったという人もいらっしゃると思います。
悪露とは、分娩後に子宮から排出される分泌物のことで、子宮内に残った胎盤や血液、粘液などが含まれます。個人差はありますが、産後1週間から1カ月ほどかけて排出。徐々に量が少なくなり、やがてなくなります。
悪露は、産後の子宮の回復を計る目安となります。悪露が出ているうちは、体が回復している途中なので、しっかり休めることが大切です。
血液が混じっているため、独特の臭いがありますが、ナプキンをこまめに取り替えて、外陰部を清潔することで臭いも抑えられます。

「ホルモンバランスの崩れは、いままさに私が悩んでいるところだわ。
肉体的な変化もそうだけど、気持ちの波もあってイライラすることがよくある」

 
 

マキさん「産後の悪露の臭いは私も気になった。
厚めのナプキンをしているから通気性も悪いし、一人目は夏場だったから、とくに嫌だったなぁ」

 
 

ユイさん「私にはまだ先の話だと思っているけど、いずれ通る道なんだよね。いまのうちに勉強しておこう」

 
 
運営者情報

このサイトは、女子力アップを目指す20~30代の女子が集まり運営しています。

女性の悩みはつきないもの。
少しでもお役に立てればと、女性誌を読みあさったり、イイと評判のコスメやサプリがあれば次々と試したり。

街でステキ女子を見つければ、突撃取材!なんてことも。

とはいうものの、決して女子力が高いわけではないこの編集部w

みなさんと一緒に素敵な女性になるため、日々勉強中なのです。

このサイトに掲載している情報は、私たちが独自に調査しまとめたものなので、商品の最新情報などは公式サイトでチェックしてみてくださいね。

一緒に女子力アップしちゃいましょう♪